今昔写真 1 北京 天壇 祈年殿 116.406516666667,39.8821166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-B-233-V1-0035-1/thumb/1a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-B-233-V1-0035-1/thumb/1b.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-B-233-V1-0035-1/thumb/1c.jpg" /> <hr><p>天壇北部に位置する。明の永楽18年(1420)に建てられ、元の名を「大祀殿」といった。嘉靖24年(1545)に改築され、「大享殿」と名付けられた。清の乾隆16年(1751)に今の名に改められた。光緒15年(1889)に落雷によって焼け落ち、翌年再建されている。現存する祈年殿は、1970年に重修されたものである。現在は東西に九間の配殿がある。もとはさらにそれぞれ七間の後殿があったが、乾隆15年(1750)に壊された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-B-233-V1-0035-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 祈年殿 11624.391,39.8821166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0149-1/thumb/2a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0149-1/thumb/2b.jpg" /> <hr><p>天壇北部に位置する。明の永楽18年(1420)に建てられ、元の名を「大祀殿」といった。嘉靖24年(1545)に改築され、「大享殿」と名付けられた。清の乾隆16年(1751)に今の名に改められた。光緒15年(1889)に落雷によって焼け落ち、翌年再建されている。現存する祈年殿は、1970年に重修されたものである。現在は東西に九間の配殿がある。もとはさらにそれぞれ七間の後殿があったが、乾隆15年(1750)に壊された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0149-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0151/thumb/3a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0151/thumb/3b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0151/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0153/thumb/4a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0153/thumb/4b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-145-V1-0153/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0033-1/thumb/5a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0033-1/thumb/5b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0033-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0035-1/thumb/6a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0035-1/thumb/6b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/III-2-C-a-149-V1-0035-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 祈年殿 11624.391,39.8821166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-158-V1-0037-1/thumb/7a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-158-V1-0037-1/thumb/7b.jpg" /> <hr><p>天壇北部に位置する。明の永楽18年(1420)に建てられ、元の名を「大祀殿」といった。嘉靖24年(1545)に改築され、「大享殿」と名付けられた。清の乾隆16年(1751)に今の名に改められた。光緒15年(1889)に落雷によって焼け落ち、翌年再建されている。現存する祈年殿は、1970年に重修されたものである。現在は東西に九間の配殿がある。もとはさらにそれぞれ七間の後殿があったが、乾隆15年(1750)に壊された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-158-V1-0037-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 祈年殿 11624.391,39.8821166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-159-V1-1-0047/thumb/8a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-159-V1-1-0047/thumb/8b.jpg" /> <hr><p>天壇北部に位置する。明の永楽18年(1420)に建てられ、元の名を「大祀殿」といった。嘉靖24年(1545)に改築され、「大享殿」と名付けられた。清の乾隆16年(1751)に今の名に改められた。光緒15年(1889)に落雷によって焼け落ち、翌年再建されている。現存する祈年殿は、1970年に重修されたものである。現在は東西に九間の配殿がある。もとはさらにそれぞれ七間の後殿があったが、乾隆15年(1750)に壊された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-159-V1-1-0047/data.xml">比較</a><hr> 天壇 祈年殿 11624.391,39.8821166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0137-1/thumb/9a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0137-1/thumb/9b.jpg" /> <hr><p>天壇北部に位置する。明の永楽18年(1420)に建てられ、元の名を「大祀殿」といった。嘉靖24年(1545)に改築され、「大享殿」と名付けられた。清の乾隆16年(1751)に今の名に改められた。光緒15年(1889)に落雷によって焼け落ち、翌年再建されている。現存する祈年殿は、1970年に重修されたものである。現在は東西に九間の配殿がある。もとはさらにそれぞれ七間の後殿があったが、乾隆15年(1750)に壊された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0137-1/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-2/thumb/11a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-2/thumb/11b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-2/data.xml">比較</a><hr> 天壇 円丘 116.406966666667,39.8755666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-3/thumb/12a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-3/thumb/12b.jpg" /> <hr><p>天壇は明・清両王朝の帝王が祀天祈穀を行った場所。円丘壇は天壇南部にあり、皇帝が冬至に天を祀った場所である。明の嘉靖九年(1590)に建てられ、清の乾隆14年(1749)に拡張された。壇は三層の円形で、漢白玉で造られている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139-3/data.xml">比較</a><hr> 天壇 皇穹宇 116.40685,39.8771166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139/thumb/10a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139/thumb/10b.jpg" /> <hr><p>天壇は明清両王朝の皇帝が祀天祈穀を行った場所。皇穹宇は円丘壇の北に位置し、円丘祭祀の神牌を保存した場所である。正殿は円形で天を象徴している。明嘉靖九年(1530)に建てられ、清の乾隆十七(1752)年に重建されている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/1/La-161-V1-0139/data.xml">比較</a><hr> 安定門 116.403583333333,39.9475,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/1/thumb/40a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/1/thumb/40b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/1/data.xml">比較</a><hr> 大清門 116.4292,39.90005,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/10/thumb/49a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/10/thumb/49b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/10/data.xml">比較</a><hr> 東南角楼と通恵河 116.430166666667,39.89845,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/11/thumb/50a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/11/thumb/50b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/11/data.xml">比較</a><hr> 崇文門 116.411116666667,39.8969833333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/12/thumb/51a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/12/thumb/51b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/12/data.xml">比較</a><hr> 阜成門 116.350733333333,39.921,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/13/thumb/52a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/13/thumb/52b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/13/data.xml">比較</a><hr> 安定門 116.403633333333,39.9485333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/2/thumb/41a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/2/thumb/41b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/2/data.xml">比較</a><hr> 南御河橋 116.399416666667,39.8973,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/3/thumb/42a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/3/thumb/42b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/3/data.xml">比較</a><hr> 貢院 116.425033333333,39.90585,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/4/thumb/43a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/4/thumb/43b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/4/data.xml">比較</a><hr> 貢院 116.4252,39.9051166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/5/thumb/44a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/5/thumb/44b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/5/data.xml">比較</a><hr> 崇文門 116.411116666667,39.8969833333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/6/thumb/45a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/6/thumb/45b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/6/data.xml">比較</a><hr> 西便門 116.346,39.8979333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/7/thumb/46a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/7/thumb/46b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/7/data.xml">比較</a><hr> 前門 116.39175,39.8978333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/8/thumb/47a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/8/thumb/47b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/8/data.xml">比較</a><hr> 北海 白塔 116.38265,39.9214333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/9/thumb/48a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/10/9/thumb/48b.jpg" /> <hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/10/9/data.xml">比較</a><hr> 鼓楼 116.38965,39.93925,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0155-1/thumb/13a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0155-1/thumb/13b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区地安門外大街に位置する。明永楽18年(1420)に建てられ、清嘉慶5年(1800)年に重修された。明清時代、太鼓の音によって全城に時刻を知らせていた。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0155-1/data.xml">比較</a><hr> 鐘楼 116.389566666667,39.9409333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0157-1/thumb/14a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0157-1/thumb/14b.jpg" /> <hr><p>東城区地安門大街に位置する。旧址は元代の万寧寺の中心閣である。明の永楽18年(1420)に建てられたが後に焼失し、清の乾隆10年(1745)に重建された。楼内にはもとは永楽年間に鋳造された鉄鐘がかけられていたが、後に永楽年間の題款のある銅鐘に改められた。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/2/III-2-C-a-145-V1-0157-1/data.xml">比較</a><hr> 鐘楼 116.389566666667,39.9409333333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/La-161-V1-0099-1/thumb/15a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/2/La-161-V1-0099-1/thumb/15b.jpg" /> <hr><p>東城区地安門大街に位置する。旧址は元代の万寧寺の中心閣である。明の永楽18年(1420)に建てられたが後に焼失し、清の乾隆10年(1745)に重建された。楼内にはもとは永楽年間に鋳造された鉄鐘がかけられていたが、後に永楽年間の題款のある銅鐘に改められた。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/2/La-161-V1-0099-1/data.xml">比較</a><hr> 景山 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-158-V1-0035-1/thumb/16a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-158-V1-0035-1/thumb/16b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区、故宮の神武門の向かいにある。元代には大都城内にある土山にすぎなかったが、明の永楽十四年(1416)、宮殿を建築するために、元代の宮城を取り壊し、紫禁城の護城河を掘った時に出た残土を積み上げて造り、万歳山と名付けた。山の下には石炭が埋蔵されているともいい、「煤山」という俗称もある。崇禎十七年(1644)、李自成の軍が北京に攻め入り、崇禎帝は宮城から逃げ出し、煤山で自死した。清の順治十二年(1655)、名を景山と改めた。景山には五つの山があり、それぞれの頂に亭が建てられている。現在は景山公園となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/3/La-158-V1-0035-1/data.xml">比較</a><hr> 景山 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-1/thumb/17a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-1/thumb/17b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区、故宮の神武門の向かいにある。元代には大都城内にある土山にすぎなかったが、明の永楽十四年(1416)、宮殿を建築するために、元代の宮城を取り壊し、紫禁城の護城河を掘った時に出た残土を積み上げて造り、万歳山と名付けた。山の下には石炭が埋蔵されているともいい、「煤山」という俗称もある。崇禎十七年(1644)、李自成の軍が北京に攻め入り、崇禎帝は宮城から逃げ出し、煤山で自死した。清の順治十二年(1655)、名を景山と改めた。景山には五つの山があり、それぞれの頂に亭が建てられている。現在は景山公園となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-1/data.xml">比較</a><hr> 景山 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-2/thumb/18a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-2/thumb/18b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区、故宮の神武門の向かいにある。元代には大都城内にある土山にすぎなかったが、明の永楽十四年(1416)、宮殿を建築するために、元代の宮城を取り壊し、紫禁城の護城河を掘った時に出た残土を積み上げて造り、万歳山と名付けた。山の下には石炭が埋蔵されているともいい、「煤山」という俗称もある。崇禎十七年(1644)、李自成の軍が北京に攻め入り、崇禎帝は宮城から逃げ出し、煤山で自死した。清の順治十二年(1655)、名を景山と改めた。景山には五つの山があり、それぞれの頂に亭が建てられている。現在は景山公園となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0187-2/data.xml">比較</a><hr> 景山 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-1/thumb/19a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-1/thumb/19b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区、故宮の神武門の向かいにある。元代には大都城内にある土山にすぎなかったが、明の永楽十四年(1416)、宮殿を建築するために、元代の宮城を取り壊し、紫禁城の護城河を掘った時に出た残土を積み上げて造り、万歳山と名付けた。山の下には石炭が埋蔵されているともいい、「煤山」という俗称もある。崇禎十七年(1644)、李自成の軍が北京に攻め入り、崇禎帝は宮城から逃げ出し、煤山で自死した。清の順治十二年(1655)、名を景山と改めた。景山には五つの山があり、それぞれの頂に亭が建てられている。現在は景山公園となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-1/data.xml">比較</a><hr> 景山 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-2/thumb/20a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-2/thumb/20b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区、故宮の神武門の向かいにある。元代には大都城内にある土山にすぎなかったが、明の永楽十四年(1416)、宮殿を建築するために、元代の宮城を取り壊し、紫禁城の護城河を掘った時に出た残土を積み上げて造り、万歳山と名付けた。山の下には石炭が埋蔵されているともいい、「煤山」という俗称もある。崇禎十七年(1644)、李自成の軍が北京に攻め入り、崇禎帝は宮城から逃げ出し、煤山で自死した。清の順治十二年(1655)、名を景山と改めた。景山には五つの山があり、それぞれの頂に亭が建てられている。現在は景山公園となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/3/La-161-V1-0191-2/data.xml">比較</a><hr> 国子監 116.390633333333,39.9236666666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0165-1/thumb/21a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0165-1/thumb/21b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清三代の国家最高学府である。元の大徳十年(1306)に建てられ、明初に北平郡学に改められたが、永楽二年(1404)に再び国子監とされた。建築は南向きで、中軸線上に集賢門(正門)・太学門(二門)・辟雍・彝倫堂・敬一亭などが分布している。辟雍は国子監の中心建築で、北側の彝倫堂とともに院落を形成する。彝倫堂の後ろにある敬一亭は、国子監祭酒(学長)の執務室である。現在は首都図書館となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0165-1/data.xml">比較</a><hr> 孔子廟 116.408316666667,39.9451166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0167-1/thumb/22a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0167-1/thumb/22b.jpg" /> <hr><p> 現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清代に孔子を祀った場所。元の大徳六年(1302)に建てられ、明の永楽九年(1411)に重建され、宣徳・嘉靖・万暦年間に、それぞれ大殿を修繕し、崇聖祠を建て、殿の屋根を青色瑠璃瓦に葺き替えた。現在は首都博物館になっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0167-1/data.xml">比較</a><hr> 孔子廟 116.408316666667,39.9451166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0169-1/thumb/23a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0169-1/thumb/23b.jpg" /> <hr><p> 現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清代に孔子を祀った場所。元の大徳六年(1302)に建てられ、明の永楽九年(1411)に重建され、宣徳・嘉靖・万暦年間に、それぞれ大殿を修繕し、崇聖祠を建て、殿の屋根を青色瑠璃瓦に葺き替えた。現在は首都博物館になっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/III-2-C-a-145-V1-0169-1/data.xml">比較</a><hr> 孔子廟 116.408316666667,39.9451166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0109-1/thumb/24a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0109-1/thumb/24b.jpg" /> <hr><p> 現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清代に孔子を祀った場所。元の大徳六年(1302)に建てられ、明の永楽九年(1411)に重建され、宣徳・嘉靖・万暦年間に、それぞれ大殿を修繕し、崇聖祠を建て、殿の屋根を青色瑠璃瓦に葺き替えた。現在は首都博物館になっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0109-1/data.xml">比較</a><hr> 国子監 116.407016666667,39.9454,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0111-1/thumb/25a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0111-1/thumb/25b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清三代の国家最高学府である。元の大徳十年(1306)に建てられ、明初に北平郡学に改められたが、永楽二年(1404)に再び国子監とされた。建築は南向きで、中軸線上に集賢門(正門)・太学門(二門)・辟雍・彝倫堂・敬一亭などが分布している。辟雍は国子監の中心建築で、北側の彝倫堂とともに院落を形成する。彝倫堂の後ろにある敬一亭は、国子監祭酒(学長)の執務室である。現在は首都図書館となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0111-1/data.xml">比較</a><hr> 国子監 116.407016666667,39.9454,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0113-1/thumb/26a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0113-1/thumb/26b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区国子監街に位置する。元・明・清三代の国家最高学府である。元の大徳十年(1306)に建てられ、明初に北平郡学に改められたが、永楽二年(1404)に再び国子監とされた。建築は南向きで、中軸線上に集賢門(正門)・太学門(二門)・辟雍・彝倫堂・敬一亭などが分布している。辟雍は国子監の中心建築で、北側の彝倫堂とともに院落を形成する。彝倫堂の後ろにある敬一亭は、国子監祭酒(学長)の執務室である。現在は首都図書館となっている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/4/La-161-V1-0113-1/data.xml">比較</a><hr> 古観象台 116.428416666667,39.90615,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0069-1/thumb/27a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0069-1/thumb/27b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区建国門立体交差橋の西南に位置する。明の正統七年(1442)年に建てられた煉瓦造りの高台建築。台上には銅製の大型天文器具が据え付けられ、台の下には紫微殿などの附属建築群がある。明清二代における天文観測はこの観象台を中心に行われたため、明清観象台とも言われる。もとは明代の天文観測器具が置かれていたが、現在は南京の紫禁山天文台と南京博物館に移されている。観象台には現在、赤道経緯儀・天体儀・象限儀など八基の天文観測器具がおかれているが、すべて清初に製造されたものである。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0069-1/data.xml">比較</a><hr> 古観象台 116.428416666667,39.90615,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0071-1/thumb/28a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0071-1/thumb/28b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区建国門立体交差橋の西南に位置する。明の正統七年(1442)年に建てられた煉瓦造りの高台建築。台上には銅製の大型天文器具が据え付けられ、台の下には紫微殿などの附属建築群がある。明清二代における天文観測はこの観象台を中心に行われたため、明清観象台とも言われる。もとは明代の天文観測器具が置かれていたが、現在は南京の紫禁山天文台と南京博物館に移されている。観象台には現在、赤道経緯儀・天体儀・象限儀など八基の天文観測器具がおかれているが、すべて清初に製造されたものである。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0071-1/data.xml">比較</a><hr> 古観象台 116.428416666667,39.90615,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0073-1/thumb/29a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0073-1/thumb/29b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区建国門立体交差橋の西南に位置する。明の正統七年(1442)年に建てられた煉瓦造りの高台建築。台上には銅製の大型天文器具が据え付けられ、台の下には紫微殿などの附属建築群がある。明清二代における天文観測はこの観象台を中心に行われたため、明清観象台とも言われる。もとは明代の天文観測器具が置かれていたが、現在は南京の紫禁山天文台と南京博物館に移されている。観象台には現在、赤道経緯儀・天体儀・象限儀など八基の天文観測器具がおかれているが、すべて清初に製造されたものである。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/5/La-161-V1-0073-1/data.xml">比較</a><hr> 白塔寺 116.357166666667,39.9241833333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0101-1/thumb/30a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0101-1/thumb/30b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区阜成門内大街の北側に位置する。元の至元8年(1271)に建てられた。塔身が白いため、俗称を白塔という。至元16年、塔の前に広大な寺院を建設し、大聖寿万安寺の名を賜った。明の天順元年(1457)、妙応寺と改めた。白塔はラマ塔で、高さは50.9メートルである。1976年の唐山地震の際に大きな被害を受け、1978年から79年にかけて修復が行われた。(中国名勝辞典、26頁)</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0101-1/data.xml">比較</a><hr> 白塔寺 116.357166666667,39.9241833333333,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0103-1/thumb/31a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0103-1/thumb/31b.jpg" /> <hr><p>現在の西城区阜成門内大街の北側に位置する。元の至元8年(1271)に建てられた。塔身が白いため、俗称を白塔という。至元16年、塔の前に広大な寺院を建設し、大聖寿万安寺の名を賜った。明の天順元年(1457)、妙応寺と改めた。白塔はラマ塔で、高さは50.9メートルである。1976年の唐山地震の際に大きな被害を受け、1978年から79年にかけて修復が行われた。(中国名勝辞典、26頁)</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/6/La-161-V1-0103-1/data.xml">比較</a><hr> 北堂(西什庫天主堂) 116.372583333333,39.9239166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0219-1/thumb/32a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0219-1/thumb/32b.jpg" /> <hr><p>北堂と呼ばれる西什庫天主堂は、ゴシック様式の建築で、北京最大の天主堂。もとは中海にあったが西太后の西苑拡大によって、1888年に西什庫に移転された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0219-1/data.xml">比較</a><hr> 北堂(西什庫天主堂) 116.372583333333,39.9239166666667,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0289-1/thumb/33a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0289-1/thumb/33b.jpg" /> <hr><p>北堂と呼ばれる西什庫天主堂は、ゴシック様式の建築で、北京最大の天主堂。もとは中海にあったが西太后の西苑拡大によって、1888年に西什庫に移転された。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/7/La-161-V1-0289-1/data.xml">比較</a><hr> 雍和宮 銅獅子 116.410966666667,39.94565,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/1/thumb/34a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/1/thumb/34b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区雍和宮大街の東側。清の康熙三十三年(1694)に皇子胤禛(後の雍正帝)によって建てられ、禛貝勒府と呼ばれた。胤禛が和碩雍親王に封じられた後は雍親王府と改め、胤禛が即位した後、半分は黄教上院となり、半分を皇帝の行宮となった。後に行宮は焼失し、雍正三年(1725)には上院の名を雍和宮と改めた。雍正十三年(1725)に雍正帝の棺を安置するため、主要な建築の瓦を黄色の瑠璃瓦に葺き替えた。乾隆九年(1744)に喇嘛廟に改め、清朝政府によるラマ教管理の中心地となった。現在、北京に現存する最も大きな喇嘛廟である。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/8/1/data.xml">比較</a><hr> 雍和宮 116.410966666667,39.94565,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/2/thumb/35a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/2/thumb/35b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区雍和宮大街の東側。清の康熙三十三年(1694)に皇子胤禛(後の雍正帝)によって建てられ、禛貝勒府と呼ばれた。胤禛が和碩雍親王に封じられた後は雍親王府と改め、胤禛が即位した後、半分は黄教上院となり、半分を皇帝の行宮となった。後に行宮は焼失し、雍正三年(1725)には上院の名を雍和宮と改めた。雍正十三年(1725)に雍正帝の棺を安置するため、主要な建築の瓦を黄色の瑠璃瓦に葺き替えた。乾隆九年(1744)に喇嘛廟に改め、清朝政府によるラマ教管理の中心地となった。現在、北京に現存する最も大きな喇嘛廟である。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/8/2/data.xml">比較</a><hr> 雍和宮 法輪殿 116.410966666667,39.94565,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/3/thumb/36a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/3/thumb/36b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区雍和宮大街の東側。清の康熙三十三年(1694)に皇子胤禛(後の雍正帝)によって建てられ、禛貝勒府と呼ばれた。胤禛が和碩雍親王に封じられた後は雍親王府と改め、胤禛が即位した後、半分は黄教上院となり、半分を皇帝の行宮となった。後に行宮は焼失し、雍正三年(1725)には上院の名を雍和宮と改めた。雍正十三年(1725)に雍正帝の棺を安置するため、主要な建築の瓦を黄色の瑠璃瓦に葺き替えた。乾隆九年(1744)に喇嘛廟に改め、清朝政府によるラマ教管理の中心地となった。現在、北京に現存する最も大きな喇嘛廟である。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/8/3/data.xml">比較</a><hr> 雍和宮 昭泰門 116.410966666667,39.94565,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/4/thumb/37a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/4/thumb/37b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区雍和宮大街の東側。清の康熙三十三年(1694)に皇子胤禛(後の雍正帝)によって建てられ、禛貝勒府と呼ばれた。胤禛が和碩雍親王に封じられた後は雍親王府と改め、胤禛が即位した後、半分は黄教上院となり、半分を皇帝の行宮となった。後に行宮は焼失し、雍正三年(1725)には上院の名を雍和宮と改めた。雍正十三年(1725)に雍正帝の棺を安置するため、主要な建築の瓦を黄色の瑠璃瓦に葺き替えた。乾隆九年(1744)に喇嘛廟に改め、清朝政府によるラマ教管理の中心地となった。現在、北京に現存する最も大きな喇嘛廟である。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/8/4/data.xml">比較</a><hr> 雍和宮 116.410966666667,39.94565,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/5/thumb/38a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/8/5/thumb/38b.jpg" /> <hr><p>現在の東城区雍和宮大街の東側。清の康熙三十三年(1694)に皇子胤禛(後の雍正帝)によって建てられ、禛貝勒府と呼ばれた。胤禛が和碩雍親王に封じられた後は雍親王府と改め、胤禛が即位した後、半分は黄教上院となり、半分を皇帝の行宮となった。後に行宮は焼失し、雍正三年(1725)には上院の名を雍和宮と改めた。雍正十三年(1725)に雍正帝の棺を安置するため、主要な建築の瓦を黄色の瑠璃瓦に葺き替えた。乾隆九年(1744)に喇嘛廟に改め、清朝政府によるラマ教管理の中心地となった。現在、北京に現存する最も大きな喇嘛廟である。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/8/5/data.xml">比較</a><hr> 北京城壁 東南角楼 116.4292,39.90005,0 <hr><img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/9/1/thumb/39a.jpg" /> <img src="//gravitycartelsurfshop.com//ppp/CN-11/inner-castle/9/1/thumb/39b.jpg" /> <hr><p>明清二代の北京城壁の東南角に設けられた防御のための建築。明初に北京の城壁を建築した際、内城の四隅にそれぞれ角楼を設けた。煉瓦の基壇の上に立てられ、南北両側に一つずつ門があり、城壁の上に通じている。</p><hr><a href="//gravitycartelsurfshop.com/ppp/viewer.html.ja?xmlurl=/ppp/CN-11/inner-castle/9/1/data.xml">比較</a><hr>